1. トップ
  2. 源泉かけ流しの湯

源泉かけ流しの湯

  • 塩原最大級の露天風呂 天然温泉「幸運の湯」

    自家源泉「光雲荘源泉」よりこんこんと涌き出る温泉は、毎分200リットル(1日約288トン)の豊富な湯。
    100%の天然温泉だから、「沸かし」「循環」等一切ありません。
    天然温泉本来の泉質を損なうことなく、その効能を充分堪能していただけます。
  • 貸切風呂

    小さいながらも露天風呂付き。湯量はもちろんたっぷりです。
    内カギ式で、ご宿泊の方は空いている場合は無料でご自由にご利用できます。
  • 内風呂(大浴場)・サウナ

    ザッザーとあふれる塩原温泉・光雲荘ならではのゆたかな湯量。
    ゴクラクごくらく。その名も「幸運の湯」といいます。
    贅沢三昧にお楽しみください。
    窓の向こうが露天風呂。
    女性用も同じ広さで、もちろん露天風呂も広々。
    サウナ室も完備しています。
ご利用時間大浴場・露天風呂・貸切風呂共に14:00~翌朝9:00まで
※浴槽のお湯を抜いて清掃業務の為です。
アメニティセットリンス入りシャンプー・カミソリ・ボディソープ・石鹸・ドライヤー
女性用のみ:化粧水・洗顔石鹸・ヘアーキャップ
  • 美人の湯・美肌の湯

    光雲荘源泉の温泉は、保湿成分メタケイ酸が基準含有量の6倍


    塩原最大の露天風呂|源泉かけ流しの湯|塩原温泉 光雲荘[栃木県]
    光雲荘源泉の温泉はメタケイ酸が基準含有量の6倍。 (含有量314.7mg)
    「美人の湯」 や 「美肌の湯」として多くの人に親しまれているのは、 美肌効果が抜群のこのメタケイ酸が豊富に含まれているからなのです。
  • メタケイ酸の効能

    温泉に含まれる「メタケイ酸」は保湿成分です。
    メタケイ酸には、お湯をとろんとさせる成分が豊富に含まれているので、お湯がまろやかで肌触りが良く、 肌につややかな潤いを与えてくれますのでしっとりとキメ細かい肌をつくる天然の化粧水で美肌づくりにも適しています。
    また肌が乾燥しやすい高齢者向きでよく温まり、長期滞在の湯治にもお勧めです。
    「メタケイ酸」の含有量が50mg 以上なら、保湿に有効とされています。
    光雲荘の温泉はこのメタケイ酸が基準含有量の6倍!
    含有量314.7mgとなっております。
    「美人の湯」 や 「美肌の湯」 として多くの人に親しまれているのは、 美肌効果が抜群のこの メタケイ酸が豊富に含まれているからなのです。
    まさしく強力な“美肌形成の湯”です。
  • コラーゲンの生成を助け、皮膚の老化を遅らせる

    メタケイ酸はミネラルの重要な基礎的要素であり、毛髪や爪を強くする働きがあるのに加え、 コラーゲンの生成を助け、皮膚の老化を遅らせる働きをもちます。
    女性に嬉しい、美肌効果やうるおい効果を実現させ、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分なのです。
    肌の水分や脂を適度に保つだけでなく表皮細胞の角質化を促進し、 肌のセラミドを整える作用が期待できるとされています。
    カサつく肌をなめらかにするのが、温泉のうるおい成分のメタケイ酸です。
    また、免疫システムの活性化、細胞組織の修復に役立つ抗酸化作用、 動脈の弾力性を拡大することによる心疾患や動脈硬化のリスク低減などがあげられます。
  • 足湯・飲み湯

    体の中から、足元から・・・温泉効果を実感して下さい。

    足湯をしながら、深緑山々を眺めながらゆっくりと寛ぎ、疲れきった心いやしてください。
    また、古来より薬湯として利用されている温泉水を飲んでいただくこともできます。
足湯足湯は、足のみを温泉につけて疲れをとるものです。
足湯をしながら、深緑山々を眺めながらゆっくりと寛ぎ、疲れきった心いやしてください。
【足湯の効果】体が温まり、不眠症や低血圧に良い/風邪の予防に良い/第2の心臓といわれる足を温め、 つぼを刺激することにより血液の流れが良くなり体全体が温まる。/体全体の疲れ、だるさ、むくみ、しびれ等に良い。
  • 飲み湯

    温泉は、古来より薬湯として利用されています。
    又、近代医学でも温泉の飲用には特別の効果が認められています。
【効能】慢性消化器病/慢性便秘/糖尿病/痛風/肝臓病など

のんびり足湯につかりながら、「ちょっと一杯」

  • のんびり足湯につかりながら、「ちょっと一杯」いかがですか?光雲荘では、温泉ならではのお酒の楽しみ方をご提案しています。
  • 【温泉でお燗セット】180ml

    高温の温泉でお燗してお召し上がりください。
    温泉に浸けてほんの数分でお燗できます。
    酒造りの杜氏達が手近な材料で作って食べていた常備食「天鷹 辛味もろみ」付きです。
    「天鷹 辛味もろみ」は、吟醸造りの技で作った米麹、醤油、清酒、特産唐辛子と
    自然原料のみで作ったピリッと辛いもろみです。
  • 【おんせん焼酎の温泉割りセット】 自家製梅干し付

    光雲荘源泉100%を仕込み水に使ったオリジナル源泉焼酎できました。
    光雲荘源泉は、飲用可能な源泉「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」を100%使用し
    ほとんど無色、無臭です。
    ミネラル豊富な温泉水と栃木県産のベニアズマを使った本格芋焼酎で芋焼酎独自の
    癖のない、まろやかで甘い口当たりが特徴です。
  • 【温泉ビール】

    当館自慢の「光雲荘源泉」の温泉水100%を仕込み水に使い、 4種の大麦をブレンド、
    無ろ過で仕上げました。
    温泉水のミネラル分を活かした、味わいある濃色ビールです。
    ビールの色は塩原温泉の紅葉をイメージして赤茶色で、ラベルも紅葉やビールの色に合わせたオリジナルです。
    是非、当館源泉の温泉のミネラル分も楽しめますのでご賞味くださいませ。

足湯に浸かりながら体験!

温泉玉子 那須で育てられた有精卵「那須の極味」

  • 高温の源泉で温泉玉子をお楽しみいただけます。
    絶え間なく湧き出る源泉に、約20分間浸して出来上がりです。 湧き出し口は、温泉玉子に適している温度の62~63度くらいに調整してあります。(高温なのでご注意下さい)
    【温泉玉子:那須で育てられた有精卵「那須の極味」】
  • 温泉玉子
  • 温泉玉子
  • 泉質・効能

    肌が潤う保湿成分たっぷりの湯。メタケイ酸が基準の含有量の6倍

    【一般的適応症】
    神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、 運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、 くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、 病後回復期、疲労回復、健康増進
    【泉質別適応症】
    きりきず、やけど、慢性皮膚病、 虚弱児童、慢性婦人病

温泉分析書


  • 1.源泉名 光雲荘源泉

    2.湧出地 那須塩原市塩原530-3

    3.泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉

    4.湧出地における調査及び試験成績
    (平成14年3月11日) (1)泉温:73.2度
    (2)水素イオン濃度(pH値):6.8
    (3)ラドン含有量:-×10-10Ci/kg
    (4)性状:無色透明でほとんど無味無臭である。

    5.試験室における試験成績
    (1)比重:0.9998
    (2)水素イオン濃度(pH値):6.81
    (3)蒸発残留物:1506mg/kg
    (4)成分総計:2205mg/kg
    (5)本泉1kg中に含有する成分及び分量(mg)
    ■陽イオン(カチオン) 計:484.8
    ナトリウム:320.1/カリウム:45.6/カルシウム:87.6/マグネシウム:31.2/マンガン:0.2/第1鉄:0.1
    ■陰イオン(アニオン) 計:1054.2
    フッ素:0.4/塩素:498.2/硫酸:39.5/炭酸水素:516.0/硫化水素:0.1
    ■遊離成分
    非解離成分 計:345.8
    メタ亜ひ酸:0.2/メタケイ酸:310.7/メタホウ酸:34.9
    溶存物質 計:1885
    溶存ガス成分 計:319.9
    二酸化炭素:319.8/硫化水素:0.2

注意事項

  • ○温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日当り1回程度とすること。
    その後は、1日当り2~3回までとすること。

    ○温泉療養のための必要期間は、おおむね2~3週間を適当とすること。
    温泉療養開始後およそ3日~1週間後に、湯あたり(湯さわり、または浴場反応)が現れたことがある。
    「湯あたり」の間は入浴回数を減じまたは入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。

    ○以上のほか、入浴には次の諸点について注意すること。
    ・入浴時間は、入浴温度により異なるが、始めは3分ないし10分程度とし、慣れるに従って延長してもよい。
    ・入浴中は、運動浴の場合は別として、一般には安静を守る。
    ・入浴後は身体に付着した温泉の成分を水で流さない。(湯ただれを起こしやすい人は、浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのが良い。)
    ・入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
    ・次の疾患については、原則として高温浴(42度以上)を禁忌とする。
     1.高度の動脈硬化症
     2.高血圧症
     3.心臓病
    ・熱い温泉に急に入ると、めまい等を起こすことがあるので十分注意すること。
    ・食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
    ・飲酒しての入浴は特に注意すること。